髪の毛を「生やす」食事法

健康な髪の毛を生やす、育毛する食べ物として、ワカメや海苔などの海草類は昔から王道中の王道ですね。

しかし、そんな海草類が民間療法でしかない(いや、それなりに効果はあると思いますが…)と思えてしまう程、画期的な食材が最近発見されました。それは食材と言うよりも、それらを食べ合わせるとこにより人の身体にもともとある体内物質を増強させることで、画期的に毛髪に効果を表すというものです。

それは「Insulin like Growth Factor-1」略して「IGF-1(アイジーエフワン)」と呼びます。新しく見つかったものなので聞き慣れませんね。経口補水飲料みたいですね。ですが毛髪にとってはまさに経口補水飲料のような、聖水のような救世主です。体内でこの物質が増えることによって、抜け毛や薄毛が改善されるだけでなく白髪まで改善され、更に強く艶のある髪の毛にすると言う効果まで期待出来るとのことです。

もともと体内にある物質を増やすのだから身体に合わないなどということがほぼ無いことが、素晴らしいですね。

では、どうやってそのIGF-1を呼び覚まし、増やすのかということですが、びっくりするほど簡単です。それはカプサイシンとイソフラボンを一緒に摂取することです。つまり、納豆にタバスコをかけて食べたら良いということですね…。なんでも、このIGF-1は知覚神経を刺激することで増加されるそうなのですが、食事においてその作用を発揮させることの出来るものがこのカプサイシンとイソフラボンのカップルなのです。

海草類の栄養素を毛髪に届けるのも、これからも継続していくべきではありますが、これからは育毛を力強くさせてくれるカプサイシンとイソフラボンが身体のより深層部へと働きかけて更に効果アップを目指せるでしょう。

また、逆に知覚神経を鈍らせIGF-1の増加を妨げてしまうものは糖分なんだそうです。スィーツは控えめに、ということですね。

最近の育毛剤はスゴイ!!

30~40代あたりになるとどうしても気になってくるのが薄毛ですよね。

昔に比べ食べ物も欧米化しているだけあって最近は薄毛の男性が非常に多いように思います。早い人なら20代くらいで薄毛に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そんな薄毛に悩む男性へ…ということでAGA治療だったり、ここ最近では植毛技術もすごく進歩していてテレビCMでもバンバンやっていますね。

しかし…それらの最大のネックは価格です。

AGA治療も植毛もやっぱりそれなりの金額がかかってしまいます。
景気が良くなっているとはいえ、まだまだ末端の我々には反映どころか消費税の8%が最近になってジワジワと私たちの生活を苦しめているのではないでしょうか。

そんな中で範囲にもよりますが何十万円、何百万円もする植毛などなかなか出来ませんよね…。

そこでお勧めなのが育毛剤を使った薄毛対策です!

育毛剤ならおこずかいの範囲で全然買うことが出来ますし、勿論家計にも影響はありません。それに、最近の育毛剤は効果がものすごく高いと評判です。

その理由は、個々の薄毛に合わせた様々な育毛剤が出ているからなんです!

育毛剤業界も昨今の薄毛事情に伴って大きく進化しているんです!

ですので、AGA治療や植毛を考える前に、まずはコスト的に安心出来る育毛剤から薄毛対策をすることが一番だと思います。

こんなことを書いている私も薄毛に悩む一人で、実際に育毛剤を使っていますが最初はあまり分かりませんが一か月くらい経つと効果が分かってきますよ!

どの育毛剤かというとプロペシアです。薄毛が治ると多くの人が言っている育毛剤ですね。
個人輸入代行業者を利用してプロペシア通販をして薄毛対策を毎日しています。

なんか髪の一本一本が元気に活き活きとしてきた感じです!

まずはこれを続けてみようと思います!
これで薄毛が改善出来ればこれ以上経済的な薄毛対策はありませんからね!

という訳で、薄毛に悩んでいる人は是非最近の育毛剤を試してみて下さい!
本当にオススメですよ!

やっぱりハゲはモテないんですよね

ワールドカップが終わって1ヵ月が経とうとしていますが、海外のサッカー選手を見ていると結構薄毛とかハゲている選手が多く、なんか薄毛でも自信が持ててきたりするんですが、結局日本は日本な訳でやっぱりハゲはモテないんですよね。

例えばオランダ代表のロッベン…度胆を抜く快速でゴールを量産して活躍しMVP候補になったにも関わらずロッベンをかっこいいと言っている人が一人もいないんですよね。やっぱりハゲているからなんでしょうか。

ハゲではないんですけど、坊主だったスナイデルもかっこいいと言っている人はいませんでしたね。やっぱり女ウケが一番良かったのはファンペルシーでした。男からしたらロッベンもスナイデルもファンペルシーも皆かっこいいと思うんですけど、やっぱり女性の見方って違うんですよね。

ワールドカップ中はハゲても大丈夫なんじゃん?と、ちょっと調子に乗ってしまったのですが、やっぱりハゲはダメだということが分かりました。あのルーニーも植毛をしたくらいだし、やっぱり欧米でもハゲってモテないんですね。ジダンくらいになると、もう神の領域なのでハゲていることが逆に神々しくも思えてきますが、ワールドクラスのサッカー選手でさえ植毛をするんですから、一般の中の一般の私なんかがハゲで勝負出来るはずがないんですよね…そもそも。

今回のワールドカップ、逆に身の程を知ることが出来ました。

次回の2018年のワールドカップの時には絶対薄毛から脱却してたいですね。
年齢から考えれば薄くなっているのでしょうけど、育毛剤とか駆使して絶対に毛髪をセーブ&キープしてみせます!!

本田のキープ力を超えれるように頑張ります!

私の場合はボールではなく毛髪ですけどね…。