A型肝炎の治療方法

A型肝炎の治療内容はどういったものかというと・・・一般的な症状であれば、基本的には特に何か治療をするということはありません。

というのも、A型肝炎はあくまで一過性の肝炎であり、慢性化することもないため、放っておいても治るからなのです。

症状がひどく体力の低下が心配な時や食欲がない時などは、点滴などで栄養補給をすることもありますが、基本的には安静にして肝臓を休ませていれば、放っておいてもそのうち自然に治癒します。

しかし、「放っておいても治るなら問題ない」と安静にせず動き回るのは禁物です。疲労によって自然治癒力が落ちると、回復も遅くなってしまいます。治りやすいA型肝炎であっても、甘く見すぎてはいけないということです。

あと、まれなケースですがA型肝炎が劇症化した場合は、肝臓の保護や合併症の予防など、早急な治療が必要となります。