太りたい人の特徴

太りたくても太れないのは、なんといっても胃腸の弱さがある場合が多いです。太りたい人は、食事の摂り方に注意しましょう。
主食であるお米をよく噛んで、十分に唾液と混ぜ合わせるようにして少しでも消化を良くして、内臓の働きを助けてあげるようにするのが
好ましいです。よく噛んで食べるようになると、今よりも食事の量は減りますが、十分に吸収されるので太る事が出来ます。
しかし、根本的な胃腸の弱さは変わらないので、胃腸が弱い人は東洋医学的には鼻や皮膚や呼吸器も弱く、畜膿やアレルギー性鼻炎や痔や
アトピー性皮膚炎、喘息になりやすいといわれています。
その上、痩せている人のほとんどは神経がデリケートで責任感が強く、心配事やストレスで簡単に食欲が落ちてしまいます。
太れない人は、痩せるのは簡単に痩せますが、なかなか元に戻りません。
胃腸が弱くて痩せている人は「元気がない」「気力がない」という人が多いと思いますが、これは胃腸が弱いと栄養の面だけではなく「気力」も
上手く取り込めないためです。
胃腸の弱い人は消化も吸収も苦手なので、病気になった場合でも薬を上手に吸収できず、薬が負担となって食欲を落として治るのを遅くして
しまいがちです。